カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

¥10,000以上お買い上げで送料無料! (機体キットは除く)

(120クラス以上の大型機、沖縄、離島は、別途送料がかかりますので、お問い合わせください。)

☆High-Voltage LiPoバッテリーお試しキャンペーン☆

ただ今、High-Voltage LiPoバッテリーお試し価格となっております。この機会にぜひ一度お試しください。

精密ブレードバランサー

ヘリコプターのブレードの静、動バランスを取ります。

●使用するドラッグボルト別に4種類の固定穴
5mm JR60クラス〜GS、京商:キャリパー60,T-REX90クラスなど5mmドラッグボルトを使用しているメインブレード
4mm 一般60クラスヘリ、JRエルゴ30/50、T−REX600など4mmドラッグボルトを使用しているメインブレード
3mm ヒロボー:シャトルなどの一般30クラスヘリ、T−REX450,500など3mmドラッグボルトを使用しているメインおよび、エンジンヘリコプターのテールブレード
2.6mm 京商:EPコンセプトなど2.6mmドラッグボルトを使用しているメインブレード等

精密ブレードバランサー

価格:

7,980円 (税込)

購入数:
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

◆プリセッティングについて
本バランサーは、気泡管によりロータリーバランスを計測するシステムとなっております。使用される前に必ず書きの手順で、プリセッティングを行ってください。
平らな台の上にバランサーを置いてください。
プリセッティングウエイトを回転させて測定台を水平にします。(気泡管の気泡が中央に来るようにします。

計測方法
図1,2
図3
図4
◆ご使用方法
(図1)のように測定台の上にローターブレードを1枚乗せて、測定台が水平になるようにブレードを↑の方向に移動させて水平になる位置を探します。水平になったら測定台中央にあるセンターマークに沿って鉛筆等でブレードに線を引きます。

次に(図2)のようにブレードを測定台に対し図1とは対角の位置に乗せて図1と同様に測定台が水平になる位置を探し出し、センターマークに沿ってもう一本線を引きます。

☆この作業で引いた2本の線の交点がブレード単体の重心点になります。もう一枚のブレードも上記の計測を行い重心点を表示します。

2枚のブレードの重心点が、同じ位置になるようにビニールテープ等をブレード先端部、もしくは元部に巻き調整します。

重心点の合った2枚のブレードを(図4)のように付属のドラッグボルトで測定台に取り付け重心点上にビニールテープ等を巻いてバランス調整をします。

☆以上で2枚のブレードは完全に調整が取れました。ビニールテープが剥がれないように瞬間接着剤でテープ上を塗ってください。